『メキシコの犯罪王』間延びした世界仰天ニュース。

『メキシコの犯罪王』
El Más Buscado

Mexican Gangster
2014・メキシコ J・M・クラビオト
IMDb 6.7
Rotten Tomatoes 86%

あらすじ:お金はいいもの、強盗も辞さない。

やる気のない邦題に見合ったぼんやり犯罪映画。ひっかかりがない。
英題はMexican Gangster。だからといって『アメリカン・ギャングスター』のような高揚感はない。ギャングスターに魅力を感じないし、かといって冷徹さに慄いたりもしない。ひっかかりがない。

ギャングスター以外の人物もアクがなく、ひっかかりがない。

仲間や家族が登場しても『そして友よ、静かに死ね』みたいな宿命を描いてはいないし、ジョニー・トーのようなウェットな魅力もない。ひっかかりがない。

ギャングで、エンジニアで歌手という奇妙な人物には面白みを感じるが劇中そこを掘り下げたりはしない。ひっかかりがない。

唯一の救いは、この奇妙な人物が実在した実話であるということ。実録モノとしてはみる価値がないとは、いいきらなくもないことはない。
監督のJ・M・クラビオトは『監禁 レディ・ベンジェンス』でアメリカ進出したようだが、本作1本では特性がわからない。

↓ネタバレ感想↓

1980年ごろのメキシコが舞台。銀行強盗で名をはせたルイス(Ríos Galeana)が主人公。
冒頭で、犯罪に対するメキシコ警察の姿勢の変化がテロップで表示され、2005年の逃亡のすえ逮捕される様子が描かれ。メキシコで最後に逮捕される様子が描かれ、警察署で記者にインタビューされ、犯罪を始めたころの話が始まる。

のっけから、話がガッチャガッチャであたまに入ってこない。テロップでは1980年だし、2005年の様子を思い浮かべたり、強盗に入る様子と、逮捕後のインタビューがコロコロと変わっていくので飲み込みずらい。やっと若いころについて語りだしてようやく映画が腰を落ち着けた。

彼の最初の犯罪はひったくり。すぐに警察に捕まった。学生時代のスポーツの経歴をみこまれて警察入隊を進められる。
刑務所に行きたくなかったルイスは警察官になる。

激務をこなし、初任給を換金しに銀行へ行った。薄給を数えているうちに、嫌気がさして、銀行強盗をする。

ものがたりの導入部がハードランディングすぎる。
メキシコの物価も、円換算もよくわからないので、給与に不満をもって、強盗を決意するのがいきなりに感じる。さらに制服のまま銃を出す。その上給料小切手の換金なので身元は完全に特定されている。強盗するタイミングとしてはこれ以上ないくらい最悪だ。

それからというものルイスは、警察無線を傍受し、強盗を繰り返す。2か所の銀行を時間差で襲い、片方の金のみを強奪したりする。

強盗の手段に一工夫あるものの、計画手順を説明したりせず、すぐに成功の場面だけが流れるので、ケイパーものとしての面白さには結びつかない。

警察官としての身元が完全にばれての強盗と思っていたが、じつは逮捕されないカラクリもあった。
上司に上納金を納めていたのだ。

1度目の逮捕。上司とともに記者会見し、上司の才能ゆえに捕まったと褒めちぎる。もちろん、警察に勤めていたことは秘密。
留置所からも、内部の手引きであっさり逃亡。

妻とのであい、歌手としての活動、エンジニアの資格を取得。

とくに力点も定まらず、実話のおもしろ要素を義務のように消化していくので、まったくひっかかりがない。

強盗としての最盛期もパッとしない。スコセッシ映画のような、はかない最盛期といった印象もなく、ただ調子にのっているだけだし、度を越した金の使い方もしている様子もない。

金を納めていた上司が逃亡してからはやっと少しだけ面白くなってくる。

汚職にまみれた警察高官がいなくなり、新任に現れたのが病的な正義漢。切れ者で賄賂もうけとらない男。しかも、娘にルイスとおなじ名前(女性名のルイサ)を付けるという。妻には秘密だとか言っているけど、どうかしている。

ただし、この正義の警察官。結局最後にルイスを逮捕するまで本人と出会うこともない。『アメリカン・ギャングスター』のような対立関係や、ルパンと銭型みたいな奇妙な友情も芽生えたりはしない。
この人物も、娘の名前がアウトなだけで、そのほかの人間描写も注目するようなところがなかった。

結局、仲間の一人が捕まり、居場所がばれてお縄になる。
別のギャングの助けで警察署から逃げ出し、時効寸前の2005年にアメリカにて逮捕される。

エンドロールにメキシコでの逮捕時のインタビュー映像で本人が移されて映画は終わる。

実話の映画化としてまったくテーマがしぼれていない。かといって客観的にもそれほど面白い人物とは思えない。
どうせなら仰天ニュースほうしきに面白おかしく1時間枠でやってくれたらまだ見れるものになったと思う。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク