『ラブライブ!』2期 06 コメディに適した花田マッチポンプ。むしろ全部がコメディか。

『ラブライブ!』2期

第06話「ハッピーハロウィーン」
あらすじ:イメージチェンジをするかと見せかけます。
完全なるギャグ回。
いつものマッチポンプもコメディのためならハードルがぐっと下がるから良し。いろいろなキャラ変更を試すさまはキャラアニメとして非常に優秀なアイディアだ。
互いのキャラを交換してみるという場面は、中の人にも無理を強いているので二重の可笑しみが出ている名シーンだと思う。

ただ逆に言えば、コメディだからこそ許されるようなことを、いつもシリアスでぶち込んでくる。花田の良識はいずこに。

↓ネタバレ感想↓

秋葉原のハロウィンイベントに出場し、注目度アップを狙うメンバー。目新しさが必要だと新しいキャラを試してみようと挑戦する。
部活の衣装を着たりと工夫するが、そこは笑いに走っている。

全体がギャグのトーンなのに、思い悩むときはいつもの切羽詰まったのテーマ(ガンダムが出撃しそうなくらい力んだBGM)が流れる。
そのほか珍企画や、前述のキャラ交換で、メンバーの物まねをしてみたり、キッスと聖飢魔IIをたしてメタルシティしたような衣装になったりと、ギャグに突っ走る。
理事長に諭されて反省。
結局自分たちらしくといつものセリフ。お前ら結局それだよな。
いつもの結論だが来ている衣装がハロウィン特別の各々の衣装なので結局イロモノじゃないかと思うくらい。
やっぱりコメディとなると、そこまでは整合性に文句はでてこない。
キャラを迷走するメンバーにも一応の理由づけがされていたので出来がいいエピソードといえるのではないか。

『ラブライブ!』1期 07 生徒会長は意固地で論理性の欠片もない。
『ラブライブ!』1期 第07話「エリーチカ」 あらすじ:全国大会があるけど会長はあいも変わらず反対の体。 まさかの盗撮犯が発覚する。...

スポンサーリンク