『ラブライブ!』2期 02 否定と肯定を繰り返す花田マインドコントロール

『ラブライブ!』2期

第02話「優勝をめざして」
あらすじ:時間はないけど山に行く時間はある。つまり合宿。

リーダーが謎の消極性を見せた前回。それを回復し、今回また否定するという荒業をみせる。
妻を殴った後に、泣きながら謝罪するDV夫みたいだ。そのうちメンバーのメンタルは壊れていくのではでしょうか。

↓ネタバレ感想↓

今回の大会は新ルールらしく。新曲しばりのため曲を作りに行くことに。時間がないので、山へ合宿に行く。時間が、無い、ので、山に、合宿に、行くのである。
合宿でのすったもんだでコメディがメインなのでそれほど花田な部分はないが、 今回の話の最大のポイント、作曲、作詞、衣装担当がスランプから脱する展開が花田。
三年生のためにと考えすぎず、自分たちのために自分らしいものをつくるという結論である。
もちろんそれは大事なことだ。他者のためにと固執せず、自分が好きな表現を選ぶというのは選択の一つとしては有りだ。
でもよ、前回は三年のためにと言って、今回は、自分たちのためにって。そいつは手のひら返しっていうんじゃないかな。翻弄されただけで有意義ではない。

せめて、もう少し話数を置いていたら気にならなかったかもだが、昨日の今日だぞ、といった印象に。

それ以外の部分は日常モノとしてそこそこ面白く見てしまった。洗脳されてしまったのか。

『ラブライブ!』2期 03 ロシアかぶれはバレエダンサーの夢をみるのか?
『ラブライブ!』2期 第03話「ユメノトビラ」 あらすじ:アライズ、対バンしてくれるってよ。 かなりフツー、というかまともな回。珍し...

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク