『ラブライブ!』1期 06 プラスマイナスゼロの虚無回

『ラブライブ!』1期

第06話「センターは誰だ?」

あらすじ:そろそろ誰がアタマかはっきりさせよう

部活動が認められて本格始動かとおもいきや、ほかに何をするかはわからないため、かえってものがたりが止まってしまうというジレンマ。何をすれば廃校が阻止できるかが提示されずじまいなので見ていて非常に退屈。

↓ネタバレ感想↓

カメラを持ちながらナイスというのは村西とおるネタなのか、考え過ぎか。
メガネさんはメガネを取ってしまったので、一瞬誰だかわからない。キャラ立ちの重要性を解きながら没個性を加速させている。
練習を重ねながら誰がリーダー=センターになるかの議論が始まる。カラオケの点数を競ったり、ゲーセンでダンス対決をしたりするが、実際の場面はカットなので全く見応えがない。
そのうえ、みんなセンターというお花畑オチ。もともとファンタジーなのでみんなセンターも悪くないけど、さすがに一話消費してだす結論じゃない。最初からわかりきっていたことを20分かけて見せられた虚無回だ。
今回の良かったところは、全体的ににこ先輩が美味しいところを持っていったところ。インタビューを無視された入、チラシ配りをスルーされたり、空気キャラというキャラをものにしている。

『ラブライブ!』1期 07 生徒会長は意固地で論理性の欠片もない。
『ラブライブ!』1期 第07話「エリーチカ」 あらすじ:全国大会があるけど会長はあいも変わらず反対の体。 まさかの盗撮犯が発覚する。...

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク