​『ジャスティス・リーグ』感想:俺たちが! いや、彼こそがジャスティス・リーグだ!

『ジャスティス・リーグ』

Justice League

2017・米

ザック・スナイダー

最近はずっとラブライブのことばかり考えていましたが、ジャスティスリーグ。

期待せずにみにいったら、期待はずれではなく「これくらいガッカリするだろう」という予想にドンピシャで、ほっとした。 それくらいアンビバレントな感じでした。

スーサイド・スクワッドほどは悪くない。あれは、予行ガッカリ以上の失望があったけど、今回はピタリガッカリの範囲内。

ヒーローたちが集結するワクワク感はあったし、キワ者たちのやり取りも楽しい。いままでは、マーベルと別ベクトルのダークな雰囲気を湛えていたものの、観客としてはヒーロー御通夜よりはヒーローパーティーが見たいのが本心。

せめて集合かけたときくらいはノリのいいふりしてほしかったので、その分は満足。さすがジョス・ウェドン。

悪役が、久しぶりに見るような悪役悪役した悪役で、ショッカーなみに、「世界を悪に染めてやる」以上のバックボーンがない。これは『アベンジャーズ』どうように敵に割く尺はないという英断でしょう。このあたりも景気よさにつながっていて好印象。

けれども、全キャラしっかりと描けてるほどではないし、アクションシーンもこれといって新鮮味がなかった。DCEUはこれくらいだよな、とチェーン店の志の低いレギュラーメニューを食べているような気分。

映画冒頭で、ワンダーウーマンが時限爆弾を超スピードで処理する場面がある。このあとフラッシュが登場するのになにやってんだろうと思ったら、案の定そのあともそれほど真新しいシーンもなく、全員これといってかっこいい絵はなかった。

アクアマンは、水中戦は鈍重になりそうだと予想してたらその通りだったし、サイボーグはほぼアイアンマン。ワンダーウーマンは単体映画以上の場面はなし、 でも、何箇所か連係プレイがあったのはうれしかった。(けれども予告編でみたとこばっかり)

脚本はグダグダなところも多いけど、マーサほどじゃない。 大事なアイテムが放置されているとおもったら、さらりと盗まれたり、一般市民を放置してたらピンチになったりと80年代の映画でもダメだろうというところも間々ある。

とくに、最終決戦のときに、住民を二の次にしているのはヒーローとしてダメだし、結局あのお方の登場待ちで運よくたすかるのも予定調和かつご都合主義だ。

総じて、期待せずにいったら、期待しなくて良かったと安心する程度の予想した範疇のぼんやり映画。

もちろんいいところもそこそこあるよ。くらい。

しかしそれがひとつにまとまっている印象も薄く、チームとしてのまとまりもないように見えた。『アベンジャーズ』でいえば、コールソンの死のような、なにか一まとまりになるためのわかりやすいイベントがあればもっと見やすかったと思う。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク